キューエイ電建 本文へへジャンプ
株式会社キューエイ電建 フリーダイヤル0120-967-414
トラッキング現象による電気火災 
グロー現象による電気火災
漏電による電気火災
配線器具老朽化による火災現象
ブレーカーの電気火災 
過電流
電気火災を防ぐには・・・

電気火災の現象と対策

電気火災の現象と対策一覧

トラッキング現象による電気火災

コンセントやテーブルタップに長期間電源プラグを差し込んだままにすると、コンセントプラグとの隙間や周辺に徐々にほこりがたまります。
溜まったほこりに空気中の湿気などが付着することで、電流が流れプラグの両極間に微妙な火花放電(ショート)が繰り返され、そしてつい
には差し込みプラグから発火します。

これをトラッキング現象と言います。特にプラグが不完全な状態で差し込まれたまま放置しておくと、接触不良で発熱しトラッキング
発生の確率が一段と高くなります。このトラッキング火災の一番の困った点は何時起こるかわからない点で、就寝時や、留守の時に発生した
場合、発見が遅れ思わぬ被害になる場合が多くなるので注意が必要です。

  対策 : ● トラッキング対応「ブレトラックコンセント」の利用
        ● プラグをまめに掃除する  ● 電気コードを踏みつけない  ● 電気コートを床や壁に打ちつけない

グロー現象による電気火災

 コンセントの接続部分が緩くなり、電流の断続を繰り返していると、ある瞬間から接続箇所でのゆるみや接続不良から接続部で電流の断続が起こり、微弱な
 電流でも異常なほどの熱を発生させ、電気火災の原因となります。
 また、このグロー現象は、漏電や短絡(ショート)のような保護装置では防止できないので、常に接続部等の熱の発生に注意して下さい。

 対策 : この火災は電気的、機械的には防止できないので日頃から接続部等が過熱していないかを確認するとともに、電気や電源のスイッチが時々入ったり
       入らなかったりする場合は接触不良の可能性があるのでただちに修理、交換などの対処をして下さい。
       ● コード同士接続しない   ● 電気コードを踏みつけない   ● コードはステップル等で固定しない  ● 余ったコードは束ねない

 漏電による電気火災

 一般木造住宅において、電気配線などの絶縁不良により、地絡電流が流れると、ラス網などの金属部が発熱し、これに接する木材などを
 発火させます。 このように漏電火災は、壁の内部等、目に見えないところから出火し、発見が遅れ、発見された時にはすでに
 大火災が発生してしまっている場合が多い。

 対策 : 低圧電路に漏電ブレーカ、あるいは漏電警報器を設置することにより比較的簡単に防止できます。
       また、現在漏電ブレーカが設置されていないのは内線規定により違反施工となります。
       古い既存住宅の場合漏電ブレーカーが設置されていない場合があり大変危険ですので、心配な場合は、電気工事士にご相談
       下さい。 

配線器具老朽化による電気火災

 配線器具を長い期間使用していると、接触不良や絶縁不良により発熱し、大変危険であり、最悪の場合は家災へと発展します。

 対策 : 配線器具の耐用年数は約10年と明記されていますので、10年以上使用されている配線器具については一度、専門の業者に調査依頼され、悪い箇所
       があれば早急に交換して下さい。特に照明器具などが、見落とされがちですのでご注意ください。

ブレーカーの電気火災

 住宅内の電流遮断機(ブレーカー)から出火する火事が増えています。 遮断機に配線する接続ねじがゆるみ、電流が流れにくくなって発熱するケースが
 大半です。緩みは工事ミスで最初から締め付け不足だったり、振動で徐々に緩んだりするなど様々な原因が考えられます。実際、出火したブレーカーは、
 振動等が多いドアの上の壁に取り付けられたケースが多いようです。

 対策 : ブレーカー等の配線工事については、第2種電気工事士の資格が必要なため、接続部分の変色や異臭などに気がついたら早めに専門の業者に点検を
       依頼して下さい。

過電流

 過電流は、大きく分けてショート(短絡)と電気の使いすぎ(過負荷)の2種類があります。シュート(短絡)とは屋内配線や電気機器の電源コード(電絡)において
 間違った配線や電気機器に危険な電流が流れることを言います。
 またショート(短絡)により流れる電気を短絡電流と言います。
 次に電気の使いすぎ(過負荷)とは、電気ストーブやアイロンドライヤーなど電気製品を一度に多く使い配線に許容量以上の大きな電流が流れることを言います。

 電線には電気を流せる最大量(許容電流)が定められています。
 許容量以上の電気が継続して流れると、電線が発熱して煙が上がり最後には、発火に至る可能性があります。
 万が一ショート(短絡)が起きた場合には、ブレーカーで保護します。 

 対策 : 許容電流については、分電盤内のブレーカーとブレーカーからコンセントまでの配線の太さにより異なりますが一般的には、15A(アンペア)までが許容
       範囲です。1か所のコンセント使用量が、合計1500Wを超える電化製品の使用は、控えて下さい。
       どうしても許容量を超える電化製品の使用をしたい場合は、コンセントの増設をして使用して下さい。
       コンセントの増設については、電気工事士の資格が必要なため、電気工事士にご依頼下さい。

漏電について

 配線や電気機器は、電気が漏れを防止するために屋外配線や電気器具にはあらかじめ「絶縁体」が取り付けられています。長年の間この絶縁体が古く
 なったり、傷ついたりすると、配線や電気機器の電気の流れる部分と大地間の絶縁が異常に低下して、両者が電気的につながり、配線や電気機器の
 外部(本来は電気が流れてはいけない所)に電気が流れる状態になります。
 これを「漏電」といい、また、この電流を「地絡電流」と言います。

感電について

 配線や電気機器の絶縁が低下し、漏電している電気機器に触れると、電気は本来の道筋ではなく、より電流を通しやすい人体を通り大地に流れていきます。
 これが「感電」です。体に流れる電流が弱いときにはショック程度で済みますが、強い電流が流れた場合は、人命にかかわることもあります。
 体が水にぬれていると電気が通りやすくなります。ぬれた手で電気器具を取り扱うことは絶対におやめ下さい。特に洗濯機などの水を使用する場所での
 電気器具は、必ずアースを取り付けて下さい。
 また、人間以外のものを通って電気が大地に流れる場合、近くに可燃物があると、火災になることがあります。

電気火災を防ぐには・・・  

 1.プラグをコンセントに差し込んだままのにしている場所をプラグにホコリがついていないか、きちんと差し込まれ
  ているかをこまめに点検しこまめに清掃する。
 2.電気コードが家具の下敷きになっていたり、すき間で押し付けられて傷ついていないか、ビニールコードを柱に
  ステップル止めしていないか確認する。また、コードを束ねていたりねじれたままで使用していないかも確認し
  ましょう
 3.電気を使用する際は、なるべく許容電流以下で使用するようにする。
 4.電路の接続部分がルーズになり、差し込みプラグとコンセントとの間に緩みがないかを確認する。
 5.電気製品は、取扱い説明書をよく読んで、きちんと確認してから使用する。
 6.高機能配線用遮断機で保護する
 最近では、ホームセンター等で気軽に材料が手に入るため、個人でインテリア照明の制作や電気工事をされている方が
 多いようですが、電気保安体制において、電気工事法や電気用品取締法などいろいろな規制が法律で定められています
 ちょっとした電気工事や作業を行う場合でも作業には細心の注意が必要です。
 無資格の電気作業は大変危険ですので、素人工事は、おやめ下さい。

 ・電気工事法
  電気工事に従事する者は、電気工事法により、国家試験に合格したもの以外作業してはいけない(軽微な作業は除く)
 ・電気用品取締法
  粗悪な電気用品による危険及び障害の防止

上へ戻る

住宅用火災警報器の設置について

 また、消防法の改正により(消防法第9条の2)平成18年6月1日より火災警報器設置が義務づけられています。
 この日以降、新築工事、改築工事を着工する住宅は全て対象となっています。
 また、消防法の規定では、新築、既存問わず、全ての住宅に火災警報器の設置が義務ずけられますが既存住宅に
 関しては、即座に設置を行わなければならない訳ではなく、平成20年6月1日〜平成23年6月1日の間で設置義務化
 の期限が定められています。 (設置義務については、各市町村によって異なります。)
 当社近郊の福岡県春日市、大野城市、那珂川町については、平成21年の6月1日までが設置期限となっております。  
    

住宅用火災警報器についてはこちらのページへ