キューエイ本文へへジャンプ
株式会社キューエイ電建 フリーダイヤル0120-967-414
資産運用

アパート経営はメリットいっぱいの魅力ある事業です。

■ 定期的に家賃収入を得られるアパート・マンション経営が
  あなたの人生設計を支えます。

安定した収入源

●生涯をゆとりある収入で過ごすために

アパート・マンション経営のメリットは何といっても家賃による月々の安定した
現金収入の確保。
毎月定期的に、何年にもわたって得られる家賃収入は生活設計において大きな拠り
所となります。住民の中には滞納する人もいるかもしれませんが、それを差し引い
ても一定の収入が期待できるといえます。特にサラリーマンの場合は、給料以外の
副収入があれば、いざという時に心強い資金となります。

●初期投資がなくても十分な収益が

アパート・マンションを建てたいが資金が・・・・。という場合でも大丈夫。
右の例のように初期投資を全額借り入れても毎月着実な利益を得ることができます。
アパート・マンション経営は比較的リスクの少ない安定した事業なのです

アパート・マンション経営 : 経営サポートシステム : サイトマップ : トップページ

●長期的な収入計画が大切です

10年、20年という長期に渡ってメリットをもたらすアパート経営。その為には収入の
高い時期からアパート経営に取り組むなど、将来を見据えた経営計画を立てることが
大切です。

 
土地の有効活用

■ 土地を持っていれば安心という時代は終わりました。
  不動産を「稼働産」に変えなければなりません。

●土地は活用しなければ損をする

土地は確かにかけがえのない財産です。しかし活用されない土地は宝の持ち腐れ
毎年の固定資産税や、相続時の相続税などコストばかりが掛かってしまいます。

●政府は住宅を求めています。

都市部の住宅不足を解消するために、政府は、遊んでいる土地には高い課税をし
逆に住宅地には税金を軽減するという政策をとっています。
遊休地にアパートを建てることは国の住宅政策に協力することと同時に税制面
でもメリットがあります。

●農地には駐車場ではなくアパートを

市街化区域の「宅地化すべき農地」には、税金が加算されます。(宅地並み課税)
このような土地の転用を考えたとき、駐車場の経営では税金分の収入を得られるか
どうか不安です。しかしその土地にアパートを建てれば、初期投資資金を全額借入
たとしても、毎月十分な実収入を得ることができます。

節税効果

■ 相続税、所得税など各種税金の軽減に
  アパート経営は有利です。

●財産をアパートに換えると・・・

これまでの貯蓄や退職金を金融資産(現金、有価証券など)のままで相続すると、
そのまま相続税の課税対象になります。しかし、これらの相続すべきお金でアパート
を建てると、固定資産税として評価額が減り、相続税の節約が期待できます。さらに
借り入れをしてアパートを建てると、相続する資産はさらに減少し(債務は課税対象
から除けるため)、相続税の軽減が期待できます。

●税金特例が多い賃貸住宅

不動産取得税の特例や固定資産税の特例、都市計画税の特例など、アパート経営には、
通常にはない税金の減免特例が多く、そのメリットは、アパートを建てることにより
さらに大きなものとなります。また、アパート経営を事業として青色申告すれば節税
対策として有効です。

地域社会への貢献

■ 相続税、所得税など各種税金の軽減に
  アパート経営は有利です。

●ますます強まる借家志向

「住宅ローンに追われて生活水準を落としたくない」「ライフスタイルに応じて
住み替えるには借家の方がよい」などの理由から、必ずしも自分の家を持ちたい
という意識は薄れてきています。特に住宅事情の悪い都市部ではこの傾向は顕著
に見られ、そうした都市部エリアに賃貸アパートを建設することは社会的にも
大いに意義があります。

●ニーズに応じたアパート建築

アパートはその土地によって変わるべきものです。学生街にファミリータイプの
アパートを建てても入居者は望めないでしょう。環境が求めるアパートの姿を
調査し、そのニーズに答える形でアパートを建築することで、初めて地域に貢献
できるアパートオーナーとなることができるのです。

戻る