本文へへジャンプ
株式会社キューエイ電建 フリーダイヤル0120-967-414
こんなにエネルギーを使っているのだ! 毎日毎日・・・

起きて顔を洗ってから、夜、歯を磨いて寝るまで、
私たちはエネルギーを使わずに生活することはできません。
例えば、冬なら、暖房をつけて、お湯で洗面し、
ご飯を炊いて味噌汁を作る。
ある家では、パンをトーストして、コーヒーを沸かし、
24時間運転している冷蔵庫からハムや卵を出して、フライパンで調理する。

ご主人や子供たちを送り出した後は、掃除機や洗濯機が動き出し、
ほっと一息の時間にはテレビがエネルギーを使います。
もちろん朝から照明はついたままです。
トイレの便座は暖房されていますし、温水が使われます。
パソコンや携帯電話もエネルギーを消費します。

族みんながそろう夕食後の団らんでは、
エアコンもフル稼働して、広いリビングを暖房が暖めます。
ほとんどの家庭でお風呂は毎日沸かされ、
大量のお湯が使われ捨てられていきます。

そしてみんなが就寝しても、エネルギーは使い続けられます。
冷蔵庫や外灯、テレビやパソコンの待機電力など、
わずかですが、エネルギーの消費に休みはないのです。

うして見てみると
生活すべてが、エネルギーなしでは考えられません。
昔は家庭の豊かさは、収入に占める食費の割合の
「エンゲル係数」が少ない家、と習いましたが、
今では逆に、収入に占めるエネルギー消費の多い家
なのかもしれません。

もこんなエネルギーの大量消費に「なぜ?」
という疑問の声も大きくなっています。
同じ便利さ、快適さを保ちながら、もっと少ない
エネルギーですませないものか・・・・
そうです「省エネルギー」への高まりです。

ページTOP
BACK
NEXT

サイトマップ

「オール電化」住宅に住んで、約90%の方が満足!

エコキュートにしたら、次は「オール電化」による
“燃費の良い家づくり”です

お使いの給湯機で「困ったこと」その不満をチェック!

国は環境にいいから・家庭は家計にいいから!

空気でお湯を沸かすってホント?

エネルギー消費では、「給湯」が問題児だった。

燃費の良い家ってご存知ですか?