本文へへジャンプ
株式会社キューエイ電建 フリーダイヤル0120-967-414
燃費の良い家は、家庭にも、社会にも、環境にもハッピー

私たちが暮らしていくには、たくさんのエネルギーが必要です。
建設や製造、交通や情報など、社会が発展・進歩していくためにエネルギーを消費します。
そして、毎日の暮らしでも、炊事や家事、暖房や照明にエネルギーを使っています。
社会の発展や進歩をストップさせないでエネルギーの消費を少なくすること、それが省エネルギーの高まりです。
家庭の幸せや便利さ、満足を損なうことなくエネルギーを少なくしていく、それが”燃費のよい家”づくりです。
”燃費の良い家”とは、どんな家かをお伝えするのが目的です。

”燃費のよい家”ってご存知ですか?

そうです、家も車と同じように、”燃費”つまりエネルギーを使って暮らしています。
たくさんのエネルギーを使う家もあれば、ほんのわずかなエネルギーしか使わない家もあります。
いえいえ、”燃費”が少ないからと言って、軽自動車や小型車のような
小さい家や暮らしにしよう、というのではありません。
住み心地がよくて、便利で、家族みんなが安心して暮らしていけ、
むしろ他の家よりもちょっと贅沢な暮らし・・・。
なのに”燃費がよい家”があるのです。
住み心地、使い心地は、大型車並みで”燃費”は軽自動車並みの経済性・・・。
そんな暮らしをしていただくための提案です。
主婦にとっても便利で、お年寄りや小さなお子様にも安全で安心、
ご主人にとっても住み心地が良い、私たちは家族みんなが満足でき、
しかも”燃費の良い家”で暮らしていただきたいと思っています。

NEXT
こんなにエネルギーを使っているのだ! 毎日毎日・・・
毎日使っている電気ちょっと振り返ってみませんか?
エネルギー消費では、「給湯」が問題児だった。
家庭で使われるエネルギーの約1/3が「給湯」で使われています。
問題児「給湯」の解決に、国が乗り出した。
空気でお湯を沸かすって、ホントにホント?
エコキュートが国も認める省エネの理由。
「国は環境にいいから、家庭は家計にいいから」が 普及の理由です。
国が応援する理由は、省エネだけではありません。
お使いの給湯機で、こんな「困ったこと」があれば、 その不満を解決して下さい。
今お使いの「給湯機」の困ったチェックしてみませんか?
エコキュートにしたら、次は「オール電化」による ”燃費の良い家づくり”です。
「エコキュートって、ちょっと魅力的な給湯機だ」と思っていただいたら、
もうひとつ提案があります。「オール電化」です。
「オール電化住宅」に住んで、90%の方が満足していられます。