株式会社キューエイ電建 フリーダイヤル0120-967-414
エネルギー消費では、「給湯」が問題児だった。

も、「給湯」だけは、省エネの圏外に置かれています。
それは、ガスや石油の給湯機は、
火を燃やしてお湯を沸かす、という昔のままの方法なので、
少しの工夫があっても、根本的な省エネにはならないのです。
こうして、家庭で使われる“お湯”は省エネの問題児となっていました。

きく分けて、家庭で使われるエネルギーの内、
何と1/3が“給湯”で使われています。
残りの2/3が、照明や冷暖房、テレビや
冷蔵庫、掃除機や洗濯機などです。

ご存知のように京都会議では
「京都議定書」が約束され、
2005年2月から実施され、
国を挙げて『省エネ』に
取り組み始めました。

暖房も同じです。
10年前のエアコンに比べ、
1/2以下のエネルギーで冷暖房できるエアコンがあり
どんどん普及しています。
冷蔵庫も、洗濯機も、新しい機種は
「消費電力○%OFF」というキャッチフレーズが
無ければ売れません。(改正省エネ法のよる)

ページTOP
では、エコキュートって、どんな給湯なのかお話します。
NEXT

かし、なかなか進まないが
家庭での「給湯の省エネルギー」です。
そのため政府は、給湯機を「エコキュート」にすれば、
「設置補助金」を出すという制度を発足させました。
省エネの問題児「給湯」を解決するために、
国が乗り出したのです。

業分野では、すべての工場で
ムダな工程はないか、
もっとエネルギーを少なくできないか、
と工夫され、
省エネが実施されました。
オフィスでも「小エネルック」が推奨され、
無駄な照明の消されました。
自動車も「ハイブリッドカー」が開発され、
ガソリンの消費が少なくなっています。

問題児「給湯」の解決に、国が乗り出した。

ょっと話題を変えて、「地球温暖化」についてお話します。
ご存知のように、このままエネルギーを使い続けると、
地球に「温室効果ガス」というガスがたまり、地球を暖めていきます。
このガスの主なものが「二酸化炭素(CO2)」で、
エネルギーを使うと発生します。
地球温暖化を抑えるには、エネルギー消費を少なくするのが
藻と藻有効とされ、世界中で「小エネへの取り組み」が始まりました。
その象徴的なものが、1997年に京都で開かれた「京都会議」です。

明は蛍光灯にすると、
昔の白熱灯と比べ断然省エネになります。
団らんの場には向かない、オフィスのようで嫌いだ、
ということで敬遠されていましたが、
今では白熱灯と同じ色の蛍光灯が開発され
多くの家庭にともっています。

ょっとお宅の「光熱費」を思い出して下さい。
冬になるにつれ、光熱費は高くなっていきますね。
それはお湯を沸かすのに必要なエネルギーが
大きくなっていることと、暖房のためです。
冷房は、オフィスのようにつけっぱなしということがなく、
それほど使わないそうです。

ページTOP
BACK
燃費の良い家を目指すなら、給湯と暖房を考え直すこと、これが近道のようですね
本文へへジャンプ

サイトマップ

「オール電化」住宅に住んで、約90%の方が満足!

エコキュートにしたら、次は「オール電化」による
“燃費の良い家づくり”です

お使いの給湯機で「困ったこと」その不満をチェック!

国は環境にいいから・家庭は家計にいいから!

空気でお湯を沸かすってホント?

こんなにエネルギーを使っているのだ!

燃費の良い家ってご存知ですか?