株式会社キューエイ電建 フリーダイヤル0120-967-414
本文へへジャンプ
お使いの給湯機で、こんな「困ったこと」があれば、 その不満を解決して下さい。

じいさんやおばあさんが居られるなら、聞いてみて下さい。
「昔はお湯は贅沢なものだったの?」って
洗顔や食器洗いにお湯がふんだんに使えるようになったのは、最近のこと。
と、いうことは「お湯がたっぷり」の家庭は豊か、ということになりますね。

2ページで「家庭の豊かさはエネルギー消費の多い家かも」と述べましたが、エネルギー消費が
少なくっても豊かな生活ができそうですね。

燃費の良い家ってご存知ですか?

こんなにエネルギーを使っているのだ!

エネルギー消費では「給湯」が問題児だった

空気でお湯を沸かすって、ホント!

エコキュートは経済的にお湯が沸かせるだけではありません

サイトマップ

国は環境にいいから、家庭は家計にいいから。

エコキュートにしたら、次は「オール電化」による
“燃費の良い家づくり”です

「オール電化」住宅に住んで、約90%の方が満足!

光熱費の中でも石油やガス料金の高さが気になる。

04年から原油価格高騰で灯油の店頭価格は約7割も跳ね上がり、
ガス料金も金額が眼に付きます。何とかできないか・・・。

灯油では給湯が面倒。
配達を頼むと配達時間に家にいなければならない。

灯油やプロパンでは、いちいち注文しなければならないし面倒だ。

湧き上がりが不安定で、
しかも湧き上がりが悪い

これは給湯機が古いか、寿命がきているかです。

追いだきができないので、
そのつどお湯を沸かさなくてはならない。

「落とし込み」しかできない古いタイプの給湯機で、
光熱費の無駄が多い。

2ヶ所、3ヶ所の同時の給湯が出来ない。

シャワーを使っていいると炊事場でお湯が使えない、
とか、風呂にお湯を張っていると洗面所が使えない、
などの不便があります。

ススやニオイがあり、不潔で衛生上問題がある。

とくに石油式のものは、こんな問題がよく起こります。

ページTOP

音がうるさい

ガスや石油給湯器で古くなるにつれて、こんな
問題が起こります。
夜にお風呂を使うときは、お隣さんに迷惑です。

缶体を1年に一回は
メンテナンスしなければならない

古いタイプの給湯機はメンテナンスをしないとお湯が
濁ったりさびたりします。そのためのメンテナンス費用は
1回に約6万円かかります。

お湯の出が悪く、時間がかかる

急ぐ時は本当に困ります。そして、忘れてしまって
「お湯あふれ」をしてしまったり、沸かしすぎたり

お湯張りを見張っていなければならず、不便だ

忙しいときは腹が立ちますね。
「タイマー」「満タンお知らせブザー」を着けても、
お湯を止めに浴室まで往復しなければならず・・・。

湯切れなどを起こしやすい

お風呂屋シャワーの途中でお湯布が起こると悲劇です。
しかも真冬のさなかに・・・。

急な来客には対応難しい

「今日はお風呂がなくて・・・。」なんて言えませんし・・・。

火が怖いので、お年寄りを一人い出来ない

ちょっと外出もためらってしまいます。

困ったことがひとつでもあればエコキュートにするいい機会かもしれません
ページTOP
BACK
NEXT