■ けい酸カルシウム板 [新設 内壁面]

戻る
工程 塗料名 塗回数 標準塗付量
(kg/㎡/回)
塗り重ね
乾燥時間(23℃)
希釈剤 希釈率
(%)
塗装方法
素地調節 ゴミ、未硬化セメント粉末、砂塵、油膜分などの付着物をワイヤブラシ、皮すき、
サンドペーパー、ウエスなどで除去し、乾燥した清浄な面とする。
下塗り ニッペ水性カチオンシーラー 1 0.10~0.16 4時間以上 無希釈 はけ
ウールローラー
ベース吹き DANタイル中塗り 1.4~1.8 4時間以上 水道水 5~8 吹付け
模様吹き  DANタイル中塗り 1 0.8~1.2  3時間以上  水道水   1~3 吹付け
上塗り DANタイル水性上塗り 2 0.17~0.20 4時間以上 水道水 5~10 ウールローラー
10~20 エアレススプレー

詳細な内容については、製品安全データシート(MSDS)をご参照ください
本製品は日本国内の使用に限定し、輸出される場合は事前日本ペイントにご相談下さい。

標準塗装仕様

■ 取扱及び貯蔵上の注意
■ 緊急時及び応急処置

■ 凹凸模様 [新設]

1.取り扱い中は、皮膚に触れないようにし、必要に応じて、防塵マスク、
 保護手袋、前掛け 保護メガネ(ゴーグル)などを着用して下さい。
2.取り扱い後は、手洗いうがいを十分に行って下さい。
3.よくふたをし、0℃~40℃の屋内で貯蔵して下さい。
4.子供の手の届かない所に保管して下さい。
5.容器はつり上げないで下さい。
 (偏荷重になると取っ手が外れ、落下事故の危険があります)
6.本来の用途以外には使用しないで下さい。
1.目に入った時には、多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診察を受けて下さい
2.皮膚に付着した時には、多量の石鹸水で洗い落し、痛みまたは外観に変化がある
 時は、できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。
3.蒸気、ガスなどを吸い込んで気分が悪くなったときには、安静にし、必要に応じて
 できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。
4.誤って飲み込んだ時には、できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。
5.容器からこぼれた時には、砂などを散布した後処理して下さい。容器、塗料容器
 塗装具を廃棄するときは、産業廃棄物として処理して下さい
 容器、塗装具などを洗浄した排水は、そのまま地面や排水溝に流すと環境に影響を
 およびすおそれがありますので、排水処理などの施設に持ち込むか、産廃処理業者に
 処理を依頼して下さい。
株式会社キューエイ電建 フリーダイヤル0120-967-414

● 環境性能

● 使用方法

【混 合】使用前に十分かくはんして下さい。
【希釈剤】無希釈でご使用下さい。

 塗装方法 はけ塗 ウールローラー塗  エアスプレー塗 
 希釈率        
 塗付量  0.10~0.16kg/㎡/回  0.10~0.16kg/㎡/回  0.12~0.16kg/㎡/回
 膜厚      

● けい酸カルシウム板は、製造メーカー、比重により塗付量が異なりますのでご注意ください。
● 塗付量・膜厚は標準的数値です。被塗物の形状・素地の状態・気象条件・希釈率及び
   測定機器・測定方法により幅を生じ増減します。
● 下地の風化、劣化の著しい場所やセメントリシン/セメントスタッコなどには、「ニッペ浸透性シーラー
   (新)をご利用ください。

 塗料名  ホルムアルデヒド
放散等級
環境性能 
 溶剤区分 ホルムアルデヒド クロルピリホス トルエン キシレン VOC
 DANタイル中塗  F☆☆☆☆  水性  配合せず  配合せず  配合せず  配合せず  配合せず  3.9
 DANタイル水性上塗   F☆☆☆☆  水性  配合せず  配合せず  配合せず  配合せず  配合せず  6.4
 ニッペ水性カチオンシーラー   F☆☆☆☆  水性  配合せず  配合せず  配合せず  配合せず  配合せず  2.6
 ニッペケンエース   F☆☆☆☆  水性  配合せず  配合せず  配合せず  配合せず 配合せず   1.0以下
 エコフラット60・70・100   F☆☆☆☆  水性  配合せず  配合せず  配合せず 配合せず   配合せず  0.2以下
 オーデコートGエコ   F☆☆☆☆ 水性   配合せず  配合せず  配合せず  配合せず  配合せず  0.2以下

塗料の種類と特長

ニッペ 水性カチオンシーラー

 試験項目 規格 性能 
容器の中での状態  かき混ぜたとき、堅い塊がなくて一様になるものとする。  合格
粘度(CPS/25℃)   15±10(BM粘度計 1号ローター60rpm) 15 
密度(g/c?)(23℃)  0.98~1.02  1.00
塗膜の外観  塗膜の外観が正常であること。  合格
乾燥時間(h)   4以内(23℃)  2
塗装作業性   塗装作業に支障があってはならない。  合格
耐水生   水に96時間浸したとき異常がないものとする。  合格
耐アルカリ性   水酸化カルシウム飽和溶液に48時間浸したとき異 常がないものとする。  合格
複層塗膜性能
(JIS A 6021) 
JIS A 6021 建築用塗膜防水材
下塗りとして支障があってはならない。 
 合格
服装塗膜性能
(JIS A 6909) 
 JIS A 6909 建築用仕上げ塗材 防水形外装薄塗材E、複層塗材E、防水形複層塗材E 下塗り材として支障があってはならない。  合格

1.すぐれた電荷安定性

水性カチオン形特殊高分子下塗材

室内のけい酸カルシウム板での完全水系仕様に対応!

従来のカチオン形下塗材を上回る高密着を実現!

≪文言・数値の意味≫

配合せず   塗料中に配合していませんが原材料などの不純物質として極微量検出される場合があります。
数字
(例0.2)
 実際の配合量を記載しています。単位(%)

環境性能の見方について

1)配合量(数値)については右(表)の基準で記載しています。なお、現在の原料情報に基づいてのもので、
  実際の測定結果ではありません。
2)Voc量は、塗料配合中に含有する沸点が260℃以下の揮発性有機化合物の総量を記載しています。
3)日本ペイントのすべての塗料製品には、主に防虫剤として使用されるパラジクロロベンゼンを配合していません。
4)調色品に含まれる化学物質の含有量は色相により若干異なります。調色可能な商品及び常備色などの数値は目安
  としてお考え下さい。

特長
※.上記の数値は、すべて標準的数値です。被塗物の形状、種類、素地の状態、気象条件、施工条件などにより増減しますので、あらかじめ試し塗りをして確認して下さい。
※.旧塗膜は、健全な状態であることを想定しています。

当社でお勧めする商品は
日本ペイント㈱の塗料です。

一般水性カチオン形下地説明図

● 使用上の注意事項(詳細な内容については、製品使用説明書などにてご確認下さい。)

⑥旧塗膜に発生した藻・かびは、洗浄などで必ず除去し、清浄な面として下さい。
⑦素地の乾燥は十分に行って下さい。(含水率10%以下、pH9以下)
⑧塗装場所の気温が5℃以下、湿度が85%以上または換気が十分でなく結露が
 考えられる場合は塗装を避けて下さい。
⑨外部の塗装で降雨、降雪のおそれがある場合、および強風時は塗装を避けて下さい。
⑩塗装時及び塗料の取扱時は、換気を十分に行って下さい。
⑪施工時は、飛散防止のため養生を行って下さい。
⑫シーリング材の種類のよっては、汚れる場合がありますので、基本的には塗装を避け
 て下さい。

①「ニッペ水性カチオンシーラー」はカチオン形塗料のため他の水性塗料と混合すると
 ゲル化することがありますので、混合を避けて下さい。はけ、ローラーなどの共用
 も避けて下さい。
②外壁に使用されているけい酸カルシウム板には、「ニッペ一液浸透シーラー」をご使
 用下さい。
③新設において素材のアルカリが強い場合は溶剤形シーラーをご使用下さい。
④けい酸カルシウム板の種類・劣化度合いによっては粘着力の強いテープで多少はく離
 する場合があるのでご注意ください。
⑤容器に小分けする場合はポリ容器をお使い下さい。(鉄製、ブリキ製は腐食します)

● 容量・色相・荷姿

 容量 色相 荷姿
15kg 淡黄色(半濁) 石油缶

● 乾燥時間

  5℃ 23℃ 30℃
塗り重ね乾燥  6時間 4時間以上 2時間以上
3.高付着性

3.高付着性

一般水性カチオン形下地説明文.2
( 安全衛生上の注意事項 )

・取り扱い中は、下記の注意事項を守って下さい。

● 安全衛生上の注意事項
2.浸透・固着力

2.浸透・固着力

本文へへジャンプ本文へへジャンプ

または

または

工程 塗料名 塗回数 標準塗付量
(kg/㎡/回)
塗り重ね
乾燥時間(23℃)
希釈剤 希釈率
(%)
塗装方法
素地調節 ゴミ、未硬化セメント粉末、砂塵、油膜分などの付着物をワイヤブラシ、皮すき、
サンドペーパー、ウエスなどで除去し、乾燥した清浄な面とする。
下塗り ニッペ水性カチオンシーラー 1 0.10~0.16 4時間以上 無希釈 はけ
ウールローラー
上塗り ニッペ水性ケンエース  2 0.12~0.14 2時間以上 水道水 2~8 はけ
ウールローラー
ニコフラット60・70・100  2 0.12~0.14 4時間以上 水道水 5~10 はけ
ウールローラー
オーデコートGエコ  2 0.12~0.14 4時間以上 水道水 0~10 はけ
ウールローラー

アンダーフィラ弾性エクセル : オーデセラシリコン : オーデフレッシュSi100 :オーデフレッシュF100 : DANシリコンセラ : 水性シリコンセラUV : 塗料の種類 : トップページ

●性能