性能

■ オーデフレッシュSi100U汚染性

■ オーデフレッシュSi100U耐候性

[東京6か月の雨垂れ汚染試験結果]

[促進耐候性試験結果]

性能の試験項目 規格

■性能

● 適用下地

● コンクリート面(現場打ち)
● モルタル仕上げ面
● ALCパネル
● 塗り替え改修用(アクリルリシン、吹付けタイル、その他旧塗膜)

オーデフレッシュ汚染性、耐候性 試験結果表
株式会社キューエイ電建 フリーダイヤル0120-967-414

安全衛生上の注意事項

塗料の種類と特長

1.塗装中、乾燥中とも換気をよくし、蒸気、ガスなどを吸い込まないようにして下さい。屋外で
 使用する場合は、使用する場所に隣接又は、近接する家屋の換気口、空気取り入れ口などに
 目張りをするなどして、蒸気、ガスなどが屋内に入らないようにして下さい。
2.取り扱い中は、皮膚に触れないようにし、必要に応じて、有機ガス用防毒マスク、送気マスク
 頭巾、保護メガネ、襟巻タオル、保護手袋、前掛けなどを着用して下さい。
3.取り扱い後は、手洗い及びうがいを十分に行ってください。
4.よく蓋をし、0℃〜40℃の屋内で貯蔵して下さい。
5.子供の手の届かない所に保管して下さい。
6.本来の用途以外に使用しないで下さい。
7.容器はつり上げ内で下さい。やむを得ずつり上げるときには、適切なつり具で垂直に持ち上げ、
 落下に十分注意して下さい。(偏荷重になると取っ手が外れ、落下事故の危険があります。)

1.目に入った時は、多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。
2.皮膚に付着したときには、多量の石鹸水で洗い落し、痛みまたは外観に変化がある時には
 できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。
3.蒸気、ガスなどを吸い込んで気分が悪くなったときには、安静にし、必要に応じてできる
 だけ早く医師の診察を受けて下さい。
4.誤って飲み込んだ時には、できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。
5.容器からこぼれた時には、砂などを散布したのち処理して下さい。

■ 標準塗料仕様(新  設) 凹凸仕上げ

≪オーデフレッシュSi100U≫

有機溶剤中毒のおそれがあります。
特長

当社でお勧めする商品は
日本ペイント鰍フ塗料です

オーデフレッシュSi100U

1液水性反応硬化形シリコン樹脂塗料

水性能、ここに極まる。さらにグレードアップした

環境対応形シリコン樹脂塗料

・吸入すると中毒その他の健康障害を起こす恐れがありますから、取扱いは下記の
 注意事項を守ってください。

■ 取扱及び貯蔵上の注意

■ 緊急時及び応急処置

■ 標準塗料仕様(塗り替え)   [オーデ リウォール システム]

@ 完全水性でリニューアル

アンダーフィラ弾性エクセルと組み合わせるたオーデリウォールシステム
(新塗改修工法)は、環境にやさしい完全水性改修システムです。

■ 塗料、塗料容器、塗装具を廃棄するときは、産業廃棄物として処理して下さい。

ライフサイクルコストを見据えた

注】上記の数値は、すべて標準的数値です。被塗物の形状、種類、素地の状態、気象条件、施工条件などにより増減しますので、あらかじめ試し塗りをして確認して下さい。
注】旧塗膜は、健全な状態であることを想定しています。
※つや有り、7分つや有り、5分つや有り、3分つや有り、つや消しから選べます。

■ 容器、塗装具などを洗浄した排水は、そのまま地面や排水溝に流すと環境に悪影響
  を及ぼすおそれがありますので、排水処理場などの施設に持ち込むか、産業廃棄物
  処理業者に処理を依頼して下さい。

A すぐれた耐久性

高耐候性シリコン樹脂に最先端の1液水性反応硬化技術を組み合わせ、
日本ペイント独自の技術により、すぐれた耐久性を実現しました。

詳細な内容については、製品安全データーシート(MSDS)をご参照ください。
本商品は日本国内での使用に限定し、輸出される場合は事前に日本ペイントまでご相談下さい。

B すぐれた低汚染性

日本ペイント独自の低汚染化技術(特許出願中)により、外壁の美観を損なう
雨垂れ汚染から建物を守り、美しさを長持ちさせます。

戻る

C 防藻・防かび機能

バイオ技術により、藻、カビの発生を抑え、建物の美観と清潔な環境を守ります。

D 高級感あふれる仕上がり

きめ細かい肌が特徴のアンダーフィラ弾性エクセルと、高光沢のオーデフレッシュ
Si100Uにより高級感ある美しい仕上がりとなります。

アンダーフィラ弾性エクセル : オーデセラシリコン : オーデフレッシュF100 : 水性カチオンシーラー : DANシリコンセラ : 水性シリコンUV : 塗料の種類 : トップページ

こんな場合に適しています。

@ 2液形シリコン樹脂塗料に匹敵する耐候性を確保したい場合。
A 環境にやさしい水性塗料で、耐候性、耐汚染性のある仕様を組みたい場合。

本文へへジャンプ

塗装工程 塗料名 塗回数 標準塗付量
(kg/u/回)
塗り重ね
乾燥時間(23℃) 
希釈剤 希釈率
(%)
塗装方法
施工場所 工程
現地  素地調節 ゴミ、未硬化セメント粉末、砂じん、油膜分などの付着物を
ワイヤブラシ、皮すき、サンドペーペー、ウエスなどで除去し、乾燥した清浄な面とする
下塗り ニッペウルトラシーラーV  1  0.10〜0.16  3時間以上 水道水  透明― ウールローラー エアレス
 ホワイト10〜30
中塗り ニッペタイルラック
EMA−Sベース 100K
1 1.40〜2.00 16時間以上 水道水 1〜3 吹付け
ヘッド押さえ 必要に応じてプラスチックローラーに塗料用シンナーAをつけ、主材塗装後30分以内に行う
上塗り   オーデフレッシュ    Si100U 2  0.14〜0.17 3時間以上  水道水 5〜10  ウールローラーエアレス 

工程 塗料名 塗回数 標準塗付量
(kg/u/回)
塗り重ね
乾燥時間(23℃)
希釈剤 希釈率
(%)
塗装方法
下地改修工事 下地改修工事が必要な場合は、下地調査結果に基づいて、塗装工事前に実施する。
下地調節 活膜を残し劣化塗膜は入念に除去する。ほこり、よごれを除去、清掃する。
下塗り ニッペ
アンダーフィラ弾性エクセル
0.4〜0.8 4時間以上 水道水 3〜6 ウールローラー
0.8〜1.3 1〜3 砂骨ローラー
2〜5 吹付け
上塗り  オーデフレッシュ Si100U  2 0.14〜0.17  3時間以上  水道水 5〜10  ウールローラー
エアレス